2024/06/26
Breaking News

腸内環境を改善するメリットとは?

近年、腸活という言葉が巷で広く知られるようになりました。腸の働きを改善することにより、便秘が解消できたり、美容に良い影響を与えたり、免疫力が高まるといったいくつものプラスの作用が期待できると言われています。このことから、腸活に注目が集まり、メディアで頻繁に特集が組まれるようになった背景があります。そんな腸活に大きく関係してくるのが毎日の食生活です。では、具体的にどんな食品を意識して摂取すれば良いのでしょうか?

腸活に良いと言われている食品に、発酵食品が挙げられます。例としてキムチや味噌、ヨーグルトや納豆などの発酵食品があり、これらはスーパーでリーズナブルに購入することが可能です。特に味噌は日本人の食生活に根付いたものなので、味噌汁作りを習慣化するような方法も良いでしょう。発酵食品には善玉菌が多く含まれており、これらが腸に届けられることによって腸内環境の活性化及び悪玉菌の減少に大きく作用すると言われています。

また、食物繊維も腸活にプラスの影響を与えてくれます。食物繊維には水溶性と不溶性があり、どちらもバランスよく摂取するのがポイントです。海藻やフルーツなどに含まれている水溶性食物繊維は、腸内では溶けて善玉菌の美味しいエサとなり、膨張しながら腸内の悪玉菌を取り込み先へと進みます。一方の不溶性食物繊維は、野菜に多く含まれており、腸内ではタワシのような働きをしながら腸壁にこびりついた宿便を取り除く役割があるとされています。そして免疫力アップを意識した食生活を送りたいのなら、こってりした食事よりもあっさりした食事を心がけるのがおすすめです。

腸活をはじめとする、免疫アップの取り組みは、健康な生活を送る上で必要不可欠です。病気を寄せつけない体をつくれば、体調の良い状態で快適な日常を送ることができます。それと同時に、感染予防の知識を知ることも大切です。体づくりだけでなく、手洗い・うがい等のこまめな感染予防活動をすることで、本当の意味での健康な日常が手に入ります。以下の関連サイトに、免疫力と感染予防のためになる情報がまとめられていたので、ぜひ併せて参照してみてください。